熊野かまぼこの美味しい理由

美味しさの秘密は、上質な素材選びと一つひとつの丁寧な作業。『熊野かまぼこ』のこだわりをご覧ください。

『熊野かまぼこ』は創業以来、お客様に美味しいと言っていただける蒲鉾(かまぼこ)・天ぷら作りに努めてまいりました。
昔から変わることのない、素材と製造工程へのこだわりが『熊野かまぼこ』の美味しさの秘密です。
下記では、そんな弊社のこだわりをご覧ください。

買い付け

買い付け

一般的な蒲鉾店は、直接市場で買い付けを行うことはできません。その点、元々鮮魚の小売店だった『熊野かまぼこ』は、せりに参加できる権利(買参権)を所有しているため、直接買い付けすることができます。これまで培ってきた目利きを活かし、上質な素材を買い付けます。

買い付け

買い付け

魚肉を練り上げ、塩や調味料と練り合わせていきます。蒲鉾(かまぼこ)の味はこの工程で決まるといっても過言ではないため、細心の注意を払いながら練り上げます。また、細かい異物もこの時点で手作業にて取り除きます。

蒲鉾(かまぼこ)の製造工程

蒲鉾(かまぼこ)の製造工程
Step1: 成型

成型は手付や機械で行います。まな板の上で付け包丁を使い、よくすり身を練り、型に取ったり、板付けをして成型します。当店の蒲鉾は焼きあげるのではなく、坐りという加熱工程を経て蒸気で蒸します。

icon

Step2: 焼き・蒸し

蒸気をかけ、坐らせながら焼き上げます。天候、温度によって焼き方を調整します。すり身の状態を察知し、温度管理を行いながら焼き上げる点がポイントです。

icon

Step3: 冷却・包装・出荷

焼き上げた蒲鉾(かまぼこ)を十分冷まして包装すれば、できあがりです。お客様に美味しく召し上がっていただくため、できる限り新鮮な状態でお届けします。

天ぷらの製造工程

天ぷらの製造工程
Step1: 成型

機械によって成型します。商品によっては手作業で成型します。

icon

Step2: 揚げ

油で揚げ、油きりを行います。

icon

Step3: 冷却・包装・出荷

しっかりと油をきり、十分冷まして包装すれば、できあがりです。そのまま食べても美味しい讃岐の天ぷらをぜひご賞味ください。