熊野かまぼこ店誕生秘話

創業からこれまで、そしてこれから…。熊野かまぼこはこんな蒲鉾店です。

熊野かまぼこの誕生

熊野かまぼこの誕生

『熊野かまぼこ』は、海辺や魚市場から比較的遠く、蒲鉾(かまぼこ)の生産地としては、イメージの湧きにくい農村地に店舗を構えております。
 
元々『熊野商店』として創業され、海から離れた地域の方にも鮮魚を届けることを生業としておりました。当時は鮮魚小売(町の魚屋)が主で、蒲鉾(かまぼこ)や天ぷらはほとんど取り扱っていませんでした。
 
その後時代は流れ、冷蔵庫や保存技術の発展とともに内陸部にも新鮮な魚が届く状況になると、鮮魚販売を行う弊社の需要は減少していきます。しかし、時を同じくして、結婚披露宴の引き出物や近所の飲食店への卸として、蒲鉾(かまぼこ)を多く扱うようになり、「熊野商店」から「熊野蒲鉾店」へと改められたのです。

熊野かまぼこの誕生

熊野かまぼこの誕生

元々鮮魚の小売店であった弊社は、魚市場のせりに参加できる権利(買参権)を所有しているため、蒲鉾(かまぼこ)や天ぷらの具材(すり身以外)を直接仕入れることができます。持ち前の目利きの技術を用い、できる限り地元の素材にこだわって仕入れています。
 
そうして仕入れた新鮮で上質な素材を、長年培ってきた製造工程にて蒲鉾(かまぼこ)・天ぷらへと加工しています。商品によっては手作業で行い、成型から焼きや蒸し、冷却、包装に至るまで、心を込めて製造しています。

熊野かまぼこのこれから

熊野かまぼこのこれから

創業当時からの伝統を守りながら、時代にあったものを創造する。それが弊社のこだわりです。
「新商品の開発」「オンラインでの商品販売」など、常に時代に合ったサービスの提供も、そうした弊社のこだわりの表れです。
 
近年若年層の方は魚を食さなくなりました。それは「味」や「好み」の変化もあるでしょうが、一番の理由は魚を食べる際の「手間」によるところが大きいのではないでしょうか。
そこで「蒲鉾(かまぼこ)」「天ぷら」です。魚の栄養分を簡単に、そして美味しく取り入れることができるので、魚嫌いのお子様にも喜んで食べていただけるはずです。